風の野鳥

平成29年8月~12月の野鳥 ← 平成30年1月~6月の野鳥 → 平成30年7月~の野鳥へ


 KSBスーパーJチャンネルで放映された”冬がベストシーズン!身近な野鳥を観察しよう”は
こちらをご覧くださいませ。

2018.2.21(水) 白いシロハラ♪
ウォーキングをしていたら、落ち葉の中でガソゴソと音がしていました。
この時期のガサゴソは、たいていシロハラですが、あれ?なんか違うぞ?
なぁ~んと、頭が白いシロハラです!
この前、ツグミ白変種に出逢ったばかりなのに、今日はシロハラだなんて・・・
大変暗い中ですからボケ&ブレはご容赦下さいませ。

個人的にはシロハラと思いますが、ひょっとシロハラで無かったらゴメンナサイ。


シロハラ 頭と背中の一部が白化しています。


シロハラ 右向きもどうぞ。


シロハラ 落ちている小枝に。お腹はシロハラでしょう?


シロハラ 飛んで場所を移動しました。



シロハラ 元気で生き延びて欲しいものです。


2018.2.17(土) タゲリのお食事
いつもの田園地帯を巡っているとタゲリがお食事中でした。
ところが、なかなか食べるのに手間取っています。その都度水で洗ってはチャレンジ。
いったい何を食べていたのでしょう?


タゲリ ごちそうはヤゴ(ウチワヤンマらしい)でした!


タゲリ 四苦八苦した挙句、ようやく飲み込みました。


タゲリ ”あぁ~大物ごちそうさま♪次を探そう!” 


カルガモの白変種?と思いましたがアイガモのようです・・・う~ん。


2018.2.15(木) ロープの好きな?鳥
久しぶりに工事中の公園に立ち寄ってみました。
すると・・・例年やって来るルリビタキが登場♪
この時期になるとあまり警戒する様子もなく、かなり至近距離までやって来て採餌しています。
ナンキンハゼも残り少なくなり、いつまでここに滞在してくれるのでしょう?
ロープ姿は今季限りと思います。記念にお届けします。


ルリビタキ(♂) 幸福の青い鳥ですよ~。


ルリビタキ(♂) これは食べているのではなく、吐き出しています。


ルリビタキ(♂) 名物看板の上に登場♪


ルリビタキ(♂) 正面図です。


ルリビタキ(♀タイプ) ふっくら可愛いでしょう。


2018.2.12(月) チョウゲンボウの狩り
フィールドを巡っているとチョウゲンボウのお嬢様が電柱にいました!
しばらく様子を見ていると、何か見つけたのか地上に降りました。
あっという間に飛びあがって電線に止まると、お食事タイムです。
はて、ごちそうは何だったのでしょう?


チョウゲンボウ(♀) 何かくわえました!


チョウゲンボウ(♀) 美しい羽です。


コチョウゲンボウ(♀) 獲物の形が何となく分かりました!


チョウゲンボウ(♀) ごちそうはケラのようですね。


チョウゲンボウ(♀) こんな可愛い姿もご覧ください。


2018.2.10(土) 可愛いオオジュリン
河川や湖沼の草原などに出現するオオジュリンに出会いました。
良く見かけるのは、葦の茎に縦に止まり、葉の鞘を剥がし、中にいる昆虫類を捕食する姿です。
葦原などでちょっと気を付けてみると見つかりますよ。


オオジュリン 脚の止まり方がキュート♪


オオジュリン こんな中にいるのです。


ハジロカイツブリ かなり遠くに4羽いました。お初です。


2018.2.9(金) 初めてのオオアカハラ
お約束のオオアカハラですが、初めて見ることができました。
アカハラですらめったに見えないというのにオオアカハラだなんて・・・
いったいどこが違うのかと言えば、アカハラより頭が黒く目のアイラインが黄色いとか?
お隣のベテランの方に教えていただき初物を撮らせてもらい嬉しかったです。


オオアカハラ なるほど頭が黒いですね。


オオアカハラ たいてい暗い場所から登場し、さっと隠れます。


オオアカハラ お腹はアカハラと似ています。


オオアカハラ それにしてもたくさんの赤い実だこと。


オオアカハラ 羽を全開です!


2018.2.8(木) 白いツグミ
某公園にオオアカハラがいると聞いて見たことが無いので行ってみました。
赤い実(セイヨウヒイラギ)を食べに色んな野鳥がやってきました。
その中にツグミの白化個体もいるということで楽しみが倍増♪
オオアカハラは次回に出しますが、白いツグミには驚きました。
何とか撮らしてもらえたのは、ボケボケばかりですが、ご笑覧くださいませ。



ツグミ(白化個体) かなり遠い場所にやってきました。


ツグミ(白化個体) 後ろ頭から背中にかけて白いです。


ツグミ(白化個体) 赤い実をゲット!


ツグミ(白化個体) 本当に珍しいことです。


ツグミ(白化個体) ボケですが飛翔シーンも・・・


2018.2.7(水) 久しぶり!レンジャクがやってきた!
何年ぶりでしょうか?ヒレンジャクとキレンジャクに出会うことができました。
大変な寒さでしたが、多くのカメラマンがお越しの中、私も何とか撮らせてもらえました。
この日観たレンジャクの群れは約20羽程度、中に一羽キレンジャクが混じっていました。
美しくかっこいいレンジャクをご覧くださいませ。


ヒレンジャク 冬鳥です。全長18cm。


ヒレンジャク 飛び立つ瞬間です。


キレンジャク この尾羽の黄色をみなさん探して探して・・・


キレンジャク 後から見ると黄色が目立ちますね。


ヒレンジャク 細い枝に並びました。


ヒレンジャク この魅力的な風貌、たまりません!


2018.2.3(土) 瀬戸町生き物探偵団で出会った鳥さん
「風のひとこま」に掲載しましたように、本日、生き物探偵団がありました。
観察場所は、日頃から「アユモドキを守る会」が整備をしている「瀬戸アユモドキの里」周辺です。
昨日までの寒さがウソのようなスタートでしたが、やはり多くの鳥さんが出てくれました!
とはいえ、モデル業は、なかなか厳しく採用に至るのは数種です。
特筆すべきは、トビのアッピールぶり?ご笑覧くださいませ。
(ウラ話・・・これだけしか撮れなかったってことさ)


トビ 新築マイホームの大黒柱だよ~。♪


トビ 生まれて来る子供たちにふかふかのベットの用意だよ~。


トビ これは垣根にしよう!


トビ これは老後の杖にしよう・・・(全てノンフィクションです。)


ホシゴイ(ゴイサギの幼鳥) 最初に登場しました!


ハイタカ 最後のトリをとりました。カッコイイ~~~!


ツグミ 下見の時、猛吹雪ながらモデルになってくれました♪


2018.2.1(木) 惜しかったハイイロチュウヒ
田園にハイイロチュウヒ(♀)がやってきました。やったね♪
が、せっかくのチャンスなのに、後姿しか撮れません。
今度はペアでやってきて欲しいのですが、高望みすぎますねぇ。

カンムリカイツブリにも出会ったのでお届けします。


ハイイロチュウヒ(♀) この腰の白さが特徴です。


ハイイロチュウヒ(♀) お願い横向きに飛んで~。


ハイイロチュウヒ(♀) かろうじて遠い横向き・・・


カンムリカイツブリ この嘴のピンクが大好きです。


カンムリカイツブリ 遠くにいてもその白さで見つけやすい鳥です。


2018.1.25(木) 氷上のセキレイ
大変な寒波です!
池も川も一部氷りつき、生き物たちは大丈夫かな?と気になり近くの川を巡ってみました。
すると・・・カモたちは、氷の無い場所で採餌中。
ところがセキレイは、氷上を歩き回っています。よ~く見ると何かを採餌しているようでした。
ハクセイキレイとセグロセキレイの氷上ウォーク(?)をご覧ください。


ハクセキレイ 凍っている川を歩いていました!


ハクセキレイ 顔が白く、黒い過眼線があるのが特徴です。


ハクセキレイ 向こうは氷。良い雰囲気の場所に止まりました。


セグロセキレイ 顔から眉斑が白い。ハクセキレイとの違いが分かりますか?


セグロセキレイ それにしても上手に歩きます♪


2018.1.21(日) 阿部池の野鳥観察会
岡山県自然保護センター友の会主催の観察会に参加しました。
講師は斉木孝先生、先日のS新聞でアメリカヒドリのニュースを提供された方です。
この日の天気は上々、阿部池周辺をゆっくり回ったところ、33種の野鳥が観察されました。
珍しいものとしては、チュウヒ、ツクシガモ、ミコアイサでしょうか。
写真は、何とかモデルになってくれたものだけご紹介します。
お世話になりました斉木先生はじめ、関係者の皆様に御礼申し上げます。


チュウヒ 目の前を通過したのに時遅しでした。


チュウヒ 腰が真っ白ではないからハイチュウ(♀)ではないだろうとのこと。


マガモ 岡南飛行場で鳥おどし(?)が鳴ったとたん飛びました。


オナガガモ こちらも飛翔。


モズ(♂) 河津桜の中で・・・


ジョウビタキ(♀) こちらも河津桜の枝に・・・


ホオジロ お食事中です。


阿部池観察会の様子、皆さん楽しそうですね。


2018.1.20(土) 念願の赤い子(ベニマシコ)
ベニマシコは、全長15cmの魅惑の赤い鳥で漢字では「紅猿子」です。
羽や顔が猿のように赤いことから付けられたそうです(但し♂)
ちらっとくらいは過去に見かけたことはありますが、ずっと出逢いたい鳥さんの一つでした。
念願叶い、ようやくベニマシコに出逢うことができました!
と申しても彼らが居るのはたいていブッシュの中、しかもイバラの中が多い・・・
大変悪条件ではありましたが、ベニマシコに出逢えて至福のひととき(?)でした。


ベニマシコ(♂) 青空をバックにモデルになってくれました♪


ベニマシコ(♂) 小さな種子を啄みます。


ベニマシコ(♂) これでお腹の足しになるのでしょうか?


ベニマシコ(♂) それにしても・・・赤色がきれいでしょう。


2018.1.19(金) おまけの野鳥
1月14日の作州野鳥観察会の帰路、おまけがありました♪
川沿いでカワアイサとオシドリが観察できたのです!
今季、カワアイサは本当に豊作です。オシドリも200羽くらい川岸にいたと思います。
多少暗くなっていたので写真はブレブレですが出会えて嬉しかったです。


カワアイサ ♂3羽と♀1羽並んで遊泳中。


カワアイサ(♂) 潜水型なので水上滑走して飛びあがります。


オシドリ 滑走せずにすぐ飛び立ちます。


オシドリ こんな状態でず~と並んでいました。これで30羽程度いますよ。


2018.1.16(木) オオタカ →ハイタカ飛翔!
フィールドを徘徊していたら、オオタカハイタカが枝に止まっていました!
どうも近くのヒヨドリを狙っていたようです。
あいにくヒヨドリの狩りには失敗したようでしたが飛翔シーンを見ることができました♪
オオタカハイタカ(♀)がこんな近くで見えるなんて超ラッキーでした。

※オオタカではなく、ハイタカ(♀)のようです。N様、ご指摘感謝いたします。


オオタカ ハイタカ(♀) ヒヨドリを追いかける!


オオタカハイタカ(♀) 急げ!急げ!


オオタカハイタカ(♀) 残念!取り逃がしちゃった・・・・


オオタカハイタカ(♀) さて、次こそは・・・


2018.1.13(土) イケメンのモズ君
今季モズの鳴き声と姿は見るものモデルにはなってくれず・・・
でしたが、ようやく願いが叶いました。
エサを探していたようですがあっという間に飛び去りました。


モズ(♂) ちょうど地上に降りました。


モズ(♂) 大きくすると、おや、羽に何かついていますねぇ。種子?


モズ(♂) 見返り。羽に種子がついたまま・・・


モズ(♂) りりしいお顔でしょう。


2018.1.11(木) 柿とエナガ
ミコアイサの居た池のほとりに柿が残っていました。
そこへエナガがやって来て交代で熟れた柿を採餌していました。
人間が食べなくても野鳥にはグルメ、残さず食べてくださいね。


エナガ おや、美味しそうな柿だ♪


エナガ 早く順番変わって~。


エナガ もう一緒に食べよ。


カイツブリ 一度水の上を走ってみたいものです。


2018.1.7(日) あっ、ミコアイサだ!
今朝はガン・カモ調査のお手伝いをしましたが、帰路、ミコアイサに出会いました!
ペアで1組池に滞在しており、その姿は格別な白さとしか言いようがありません。
しかし、距離が大変遠くて、雰囲気だけしかお伝えできないのが残念です。
今日は、ミコアイサに出逢えてルンルンの一日でした♪


ミコアイサ(手前が♀、奥が♂) ぴったり並んで泳いでいます。


ミコアイサ 仲良く向き合って・・・・


ミコアイサ 正面のお顔は宇宙人ですね。


カワセミ(♂) ガン・カモ調査のご褒美です。


2018.1.4(木) チョウゲンボウ飛翔&着地
2018年がスタートして早や4日となりましたね。
本年も「風の野鳥」をご贔屓いただきますようお願い申し上げます。
強風の中、チョウゲンボウが何を目的に登場したのか定かではありませんが出逢えてうれしかったです。


チョウゲンボウ(♀) 上空を飛翔中


チョウゲンボウ(♀) 着地の瞬間です!


チョウゲンボウ(♀) 強風のため、まるで耳があるみたいですね。


チョウゲンボウ(♀) キョロキョロしてから飛び出します。


チョウゲンボウ(♀) 飛翔したが、何故かハクセキレイに追いかけられています。

トップへ戻る