HOME

風の野鳥


2022年の野鳥へ ← 2023年の野鳥 → 2024年の野鳥へ

2023.2.2(木) 今季お初のトラツグミ

そろそろトラツグミが来ていないかといつもの公園に行ってみると・・・
暗~い落ち葉の中でごそごそしていました。
ところが、散歩の方が来られたので瞬時に消えました。
帰路、別な場所でも発見しましたがちょっと遠いので雰囲気だけでもお届けします。
次回こそは!!!


トラツグミ 良く見ないと分かりません。


トラツグミ 木の実をゲットしたようです。


トラツグミ 違う開けた場所にもいました。


イソヒヨドリ(♂) いきなり頭上に登場


イソヒヨドリ 手すりに止まったのです。きれいでしょう。



2023.1.25(水) タゲリに出会いました。

 日本列島が大寒波に襲われています。
今朝は初雪で久しぶりの雪景色を見ることが出来ました。
その上、田園地帯で一年ぶりにタゲリを発見!
とても寒かったですが嬉しかったです。


タゲリ 冬鳥で背、翼は金属光沢のある緑黒色できれいです。


タゲリ 天候が変わり冷たい雨で濡れています。


タゲリ 強風で溝の中にしゃがむシーンです。


タゲリ 寝ぐせのように跳ねた飾り羽も特徴です。


タゲリ 場所を移動して行きました。


2023.1.19(木) 地上に降りたチョウゲンボウ

田園地帯でチョウゲンボウをよく見かけますが、いきなり地上に降りたので驚きました。
何ともフレンドリーなチョウゲンボウちゃん。
と、思ったのもつかの間。
何か捕まえて電柱の上に着地しました。本当に素早いですね。


チョウゲンボウ(♀) 目の前に降りたのでビックリ!


チョウゲンボウ(♀) ちょっと待って!飛ばないで!


チョウゲンボウ(♀) しばらく静止・・・


チョウゲンボウ(♀) 上を見上げて・・・


チョウゲンボウ(♀) 電柱図です。


2023.1.15(日) クサシギとタシギに出会いました。

田園地帯の用水にクサシギとタシギがいました。
どちらも地味な鳥さんですが、何となくほのぼの~とします。

この鳥さんなら、皆さんの眼にも何度が触れることがあるのでは?


タシギ 水面が凍っています。


タシギ 長い嘴でエサを探しています。


タシギ 周囲に良く溶け込む色なので見つけにくいかも?ですね。


クサシギ 登場しました。


クサシギ 毛づくろいが始まったようです。


クサシギ 私ってキレイ?と水鏡に尋ねても・・・


2023.1.11(水) ルリビタキ登場

冬になると青い鳥のルリビタキに会えないかなと探してますが、
散策中、ラッキーなことに登場してくれました。
しかもめちゃめちゃきれいな男子です。
ゆっくり撮らせてもらう時間が無かったのですがとても嬉しかったです。


ルリビタキ(♂) 念願の青い鳥です!


ルリビタキ(♂) 右向きも・・・


ルリビタキ(♂) 正面にも向いてくれました。


ルリビタキ ♀かなぁと思いますが、いまいち分かりません。


2023.1.8(日) 久しぶりにコゲラです。

近くの公園に行くとコゲラがしきりにコツコツと木をつついています。
カマキリの卵鞘や虫などを探しているようです。

いっぱい写真を撮らせてくれたのでお届けします。


コゲラ バックに赤く見えるのはサザンカです。


コゲラ 良く見るとカマキリの卵を食べているようです。


コゲラ 縦でも横でも裏でも自由自在♪


コゲラ バッチリ正面も撮れました。


コゲラ(♂) 頭に赤い色が見えたので男子です。


コゲラ コツコツとお食事探し頑張ってくださいね。



2023.1.3(火) ミコアイサに出合いました♪

新しい年が始まりましたね。
今年も身近な野鳥を何とか見つけてUPしたいと思いますが
卯走烏飛(歳月があわただしく過ぎ去るたとえ)の言葉どおり、私も年を重ねました。

でも、野鳥は大好きなので画像が多少ボケでも点描でも掲載したいと思います。
お時間がありましたらご笑覧くださいませ。

本年もよろしくお願い申しあげます。


ミコアイサ♂(巫女秋沙) 巫女さんも兎も白いのでトップバッターに載せました!?


ミコアイサ 白色が♂、頭の茶色のが♀です。


ミコアイサ(♂) パンダガモとも呼ばれます。


ミコアイサ(♂) もっと近くで見たいものです。

トップへ戻る