風の野鳥


令和元年の野鳥へ ← 令和2年の野鳥 → 令和3年の野鳥へ

2020.1.24(金) カワラバト(ドバト)の一部白変種?
いつもの田園地帯にカワラバトが6~7羽採餌していました。
その中の一羽がちょっと白いのです。あれれ?ひょっとあのハトは白変種かな?
少し写真を撮ったら、全員、いきなり上空に飛び上がりいなくなりました。
ところがそのハト、帰宅してよ~く見ると脚環がありました。
調べた結果レース鳩みたいです。
帰る場所を見失ったのでしょうか?持ち主が心配していますよ~。


カワラバト どう見ても白変種、しかも脚環が両脚についています。


カワラバト 脚環では日本鳩レース協会所属でしょうか?


カワラバト 奥に見えるのが普通種。一緒に採餌していたのですが白さが目立ちました。


カワラバト 飛び上がったのがかろうじて撮れました。


2020.1.22(水) おらが町にもヒレンジャク♪
先週、2~3年に一度お目にかかれるヒレンジャクがやってきました。
知人からの連絡で夕方近くに25羽のヒレンジャクを見ることができたのです!
知人によれば、彼らは熟柿を食べていたそうです。
この日以来、残念ながらヒレンジャクはやって来ていません。
出逢いはほんの一瞬ですが嬉しかったです。


ヒレンジャク こんな調子で電線にいました。


ヒレンジャク もう少しアップで・・・


ヒレンジャク 羽繕いもしてくれました。


ヒレンジャク 夕陽を受けて凛々しかったです。


2020.1.19(日) チョウゲンボウ飛翔
田園地帯にお馴染みのチョウゲンボウが登場しました。
今季、続々と猛禽が登場するので”やった~猛禽ランドみたい”と自己満足しています。
近くでは♀、上空では♂が見えたので嬉しかったです。


チョウゲンボウ(♀) きれいな羽を広げて飛翔中


チョウゲンボウ(♀) エサを探しているのでしょうね。


チョウゲンボウ(♂) 遥か上空に男子が飛翔


2020.1.16(木) 今季もカワアイサ登場♪
友人から今季はカワアイサが多いと聞いたので行ってきました。
なるほど、川を登って行くと結構目につきます。
しかし、距離は結構遠いのです。
わずかな滞在時間でしたが、楽しませてもらいました。


カワアイサ(♂) 目の光を出すと羽が白飛びするので難しいです。


カワアイサ(左が♂、右が♀) 仲良く並びました。


カワアイサ(♂) 追っかけ?こんなシーンは度々ありました。


カワアイサ(♀) お魚と格闘中。


カワアイサ(♂) 羽繕い後のバタバタです。


2020.1.11(土) ハヤブサに遭遇!
近頃の田園地帯は猛禽ラッシュ???
今度はハヤブサがお出ましです。
ハヤブサと言えば「急降下で最も早い鳥」として有名ですね。
写真が多くなりますが、大変嬉しい出会いでした。


ハヤブサ キョロキョロあたりを見渡しています。


ハヤブサ おや?、何か発見したのでしょうか?


ハヤブサ 離陸体制に入りました。


ハヤブサ 飛び出しです!


ハヤブサ あっという間に小さくなって・・・


ハヤブサ 猛禽は本当に魅力的ですねぇ。



2020.1.8(水) ハイイロチュウヒ 女子もお出まし♪
ネズミ年だけあってハイチュウにまたも出会いました。
距離が遠いのですが、腰がはっきりと白いので♀と思います。
ラッキーでしたが、今度はもう少し明るい時間帯に来てね。


ハイイロチュウヒ(♀) 夕方の曇り空ですが腰の白は良く見えます。


ハイイロチュウヒ(♀) たいていカラスに追いかけられます。


ハイイロチュウヒ(♀) 何か見つけて着地体制に入っています。


2020.1.1(水) ハイイロチュウヒに出会いました。
令和2年がついに始まりました!
本年も自宅から30分以内を徘徊し素敵な出会いを見つけたいと思っています。
たいした写真はありませんが、時々覗いてくださると嬉しい限りです。
ネズミ年は、ハイイロチュウヒで幕開けします。
通称”ハイ
チュウ”ご笑覧くださいませ。


ハイイロチュウヒ(♂) 目の前を颯爽と飛びました!


ハイイロチュウヒ(♂) 目つき、色合い、一番かっこよい猛禽と思います。


ハイイロチュウヒ(♂) 小鳥をゲットしたようです。

トップへ戻る