風のひとこま

2016年7月~12月 ← 2017年1月~6月のニュース → 2017年7月~12月

2017.3.21(火) 県北の残雪
県南では雪をめったに見ることはありませんが、昨日3/20(月)、奈義山付近までお出かけしました。
すると・・・主要道には雪はありませんが、渓流に入ると通行できない残雪!
車を降りて渓流沿いを歩きましたが、途中には雪崩跡のような土砂もありました。
開通するには、しばらく時間がかかるかもしれませんが、残雪をご覧くださいませ。


奈義山。空の青と雪のコラボが素敵でした♪


残雪 車は到底入りません。


雪が溶けている場所からでも50cm位の残雪です。


キツツキ類が大変興味があった木のようです。下はおがくずの山♪


2017.3.17(金) H28街愛ギャラリー写真展表彰式 in 万富公民館
瀬戸町観光文化協会主催で”瀬戸町の魅力をとらえた写真”を募集し
審査の結果、入賞された10名の方をお招きして表彰式が開催されました。
今回が3回目となりますが、賞金をつけたところ応募が増えたのです♪
瀬戸町には瀬戸駅と万富駅があり、プラットフォームの待合室に皆様の力作を展示するのです。
待合室にちなんで「街愛ギャラリー」と命名。
今回の入賞作品は、万富駅に展示し、来年は瀬戸駅に移動展示となります。
魅力ある瀬戸町の写真を是非見に行って下さいませ。


皆さんの力作が表彰式会場に展示されました。


瀬戸町観光文化協会 伊永会長の開会挨拶です。


難波瀬戸駅長さんのご挨拶です。


柴奥啓市氏の「瀬戸の富士」が最優秀賞に輝きました!


田中審査委員長から講評をいただきます。


受賞者のことば。撮った時の思いや感想を述べられています。


表彰式終了後は万富駅に写真を展示しました。後日、オニビジョンで放映されます。


2017.3.8(水) 銘菓 夏蜜柑丸漬
山口県萩市は、夏蜜柑がいたるところに植えてあるそうで、
相棒が山口土産に買ってきた半生菓子があまりに美味しくて珍しかったのでご紹介します。
「光國本店」(創業安政5年)は、大正5年に夏蜜柑丸漬を創製以来、伝統の製法をそのまま丹念に手作り。
その作り方は割愛しますが、5日間かけて全て手作業とのこと。
夏蜜柑の風味とほろ苦さ、甘すぎない羊羹と絶妙に引き立て合うお味は感動もんでした♪


蛍光灯の下で見にくいですが、こんなパッケージです。


開けてびっくり!表皮はカンナで1mm削り様々な工程を経てグラニュー糖をまぶしてあります。


ずっしり重いので計ってみると約500gありました。


夏蜜柑の自然香料と白羊羹が入っています。


2017.3.5(日)フィールドサインを探せ!
岡山県自然保護センター主催の標題の研修会に参加しました。
講師は、生き物なんでも博士の山田勝先生です。
フィールドサインとは、生き物たちの生活痕(落とし物)で、貴重な手がかりとなります。
例えば、ふん、食痕、足跡、抜け殻、羽や骨、巣、卵などが該当します。
10時から約1時間40分センターを巡っていろいろな生き物のフィールドサインを発見しました!
そして、最後のお楽しみは事前に仕掛けられたセンサーカメラに何が映っていたか?

お世話になりました関係各位に心より御礼申し上げます。



山田てっちゃん先生(向かって右)が山田勝先生(向かって左)をご紹介中


おや、山田勝先生が何か発見!


次の場所では、カスミサンショウウオを見せてくださいました。


ネズミのトラップには、しっかり足跡がついていました。


二ホンリスの食痕が見つかったよ~。


上がカワセミの巣穴、下がヤマセミの巣穴です。


カスミサンショウウオの卵のうです。


ノウサギの糞です。


佐桑氏のセンサーカメラに糞の主、ノウサギが映っていました。どこか分かるかな?


山田先生のセンサーカメラ テンが登場しました。


山田先生のセンサーカメラ 何とヤマドリ(メス)がモデルになっていました。


これが本日の成果で実に多くのフィールドサインが見つかりました。


2017.3.3(金) 瀬戸・健康塾 玉手箱ウォーキング
岡山市立瀬戸公民館主催、瀬戸町観光文化協会共催で標題のウォーキングが開催されました。
本日のコースは”鉄砲山から驚きの中世古道コース”
講師はウォーキング講師として、大ベテランの加納喜四雄先生です。
9:00から、瀬戸公民館→鉄砲山→坂根春日神社→森末切抜き→寺地中世古道→瀬戸公民館へと歩いたのです。
参加者は30名、要所要所で加納先生の文化財おもしろ話をお聞きして11:30に瀬戸公民館に帰着しました。
暑くも寒くもなく、心地よいウォーキングで、お世話になりました関係各位に厚く御礼申し上げます。


出発前、講師の加納先生からコースのご説明です。


その昔、鉄砲杭から鉄砲山となったお話や鉄砲山の概要など。


鉄砲山途上の集水路のお話です。


森末と坂根の堺にある春日神社です。


江戸時代の田原用水の石垣がそのまま残っています。


2017.2.25(土) 百間川の野鳥の世界へようこそ & 万富はつらつ大学
午前中は、JAF岡山支部主催の自然体験イベントに参加しました。
モデルになってくれた鳥さんは、「風の野鳥」をご覧くださいませ。
探鳥会終了後は、エコドライブ講座があり、眼からウロコの良いお話でした。

また午後からは、万富公民館で「重井薬用植物園の50年~身近な自然をまもり残すために~」と
題して、重井薬用植物園園長の片岡博行先生の講演会がありました。
植物園設立に関わった3名のご紹介や植物園の活動、希少種の説明など盛りだくさんでした。
特に集めた植物が絶滅危惧種が多く、是非一度訪れてみたい場所となりました。


AM:主催者JAFより開会挨拶です。


さて、何がいますかなぁ~。


カモ類観察しています。


JAF岡山支部の前で記念写真です。皆様お世話になりました♪


PM:万富はつらつ大学 田中万富公民館長さんの開会挨拶です。


講師の重井薬用植物園3代目園長の片岡先生です。


山陽新聞の記事ですが右半分は、現代の生物多様性に通じる重要な言葉でした。


岡山県自然保護センターへ希少種がたくさん寄贈されていたなんて知りませんでした。


こんな珠玉の言葉で講演会を締めくくられたのです。


 2/23毎日新聞社から生き物探偵帳の取材がありました!3/9の毎日紙面をご覧くださいませ。


2017.2.19(日) 冬鳥&セツブンソウ観察会
午前中は、岡山県自然保護センター主催の冬鳥観察会に参加し25種の野鳥を観察しました。
午後からは、美作市の2カ所でセツブンソウを観察♪
多くのカメラマンが地べたに這いつくばってセツブンソウのとりこに♪
そのセツブンソウは、地元の方の熱心な手入れにより見事に咲き誇っていました。
セツブンソウの写真は、風の小さな生き物たちをご覧くださいませ。


冬鳥観察会の宮林先生野ご挨拶とボランティアのご紹介です。


上池にいるカモ類の観察中


田尻大池のヨシガモ観察中です。


美作川会地区のセツブンソウです。


美作市 瀧大明神にもセツブンソウがありました!


瀧大明神のそばには、滝がありました。


2017.2.4(土)瀬戸町生きもの探偵団と合併10周年記念文化講演会
午前中は、三徳園で瀬戸公民館主催講座の生きもの探偵団がありましたが
講師の山田先生がインフルエンザでダウン、急きょ瀬戸ダルマガエルの会で対応することになりました。
生きもの探偵帳が配布された効果かもしれませんが、37名もの参加者にまずビックリ!
皆さんが先生ということで互いに教え合い学び合いの精神で三徳園を散策した結果、25種類の鳥さんが登場しました。
参加者の皆様のご協力あればこそ無事に終了でき心より御礼申し上げます。

午後からは、瀬戸町観光文化協会主催で瀬戸町出身の元総務大臣・現慶応義塾大学法学部教授の片山善博先生を
お招きし「夢のある地域づくり~必要なこと」と題して、瀬戸公民館大ホールでご講演をいただきました。
会場はぎっしり満員、貴重な講演内容の中でもトランプ氏を例えに地産地消の良さを述べられたのが特に印象に残りました。
郷土のため、お忙しい中を、ご帰省いただき厚く御礼申し上げます。


生き物探偵団 今年度最後の記念写真です♪(三徳園)


生きもの探偵団 ナンキンハゼに集まる鳥たちを観察中です。


文化講演会 瀬戸町観光文化協会 伊永会長の開会挨拶です。


岡崎副会長より片山先生への謝辞と閉会挨拶です。


2017.1.22(日) カモンカモン「阿部池にいらっしゃい」
岡山県自然保護センター友の会主催の標題の観察会に参加しました。
岡南飛行場集合で阿部池とその周辺を巡りました。
今年はカモ類が少ないとの講師のお話でしたが、数合わせで38種類もの野鳥が確認されました。
更にビッグサプライズもありました!「風の野鳥」をご覧くださいませ。
お世話になりました関係各位に厚く御礼申し上げます。


開会ご挨拶です。


皆さん一所懸命探していますよ。


この真剣な姿素晴らしいです。


河津桜が早々と開花です。


昆虫のような小型飛行機でしょう?


2017.1.15(土) 雪の旧閑谷学校
日本遺産となった旧閑谷学校にも雪が積もりました。
早朝の雪景色をお届けします。


国宝の講堂 雨戸が開いたばかりです。


雪の楷の木と聖廟


雪景色と青空がきれいですね。


まだ雨戸が空いていない静寂の時です。


2017.1.14(土) 生きもの発見隊と写真展表彰式
日本列島大寒波の中、岡山県自然保護センターの二つの行事に参加しました。
手前味噌ですが、午前はセンターが募集した写真展に何とか入賞できました。
午後からは、大好きな生きもの発見隊があり、山田先生からお年玉をいただいたり
数十年ぶりに再会した同窓生が参加したりと、一層楽しい発見隊となりました。
なお、本日出会った鳥さんは「風の野鳥」をご覧下さいませ。



生きもの発見隊 出発前に山田先生のご挨拶です。


生き物発見隊 このウンチは誰がしたでしょう?犯人はキツネです。


写真展表彰式 難波所長様より開会ご挨拶です。


表彰式が済んで長瀬審査委員長様から講評をいただいています。


受賞者で記念写真です。


トップの方の写真です。大変新鮮との講評がありました。


記念に自分の写真も載せておきます。


2017.1.5(木)瀬戸町生きもの探偵帳の取材 & 2016.1.7(土)瀬戸町生きもの探偵団
タイトルが長いのですが1/5にオニビジョンさんに生きもの探偵帳の取材をしていただきました。
取材中に「ダルマ会」改め「瀬戸ダルマガエルを守る会」として名称変更まで発表する結果となりましたが
1月9日から瀬戸ニュースで放映されますのでご笑覧くださいませ。

また、1/7(土)は瀬戸公民館主催講座の「生き物探偵団」が備前大橋左岸で開催されました。
講師の山田勝先生による楽しく分かりやすい説明の元、31種類もの野鳥が確認されました。
完成した「生き物探偵帳」を片手に記念すべき観察会になりました♪
お世話になりました関係各位に厚く御礼申し上げます。


講師の山田先生(左)と岡山市ESD広報取材のビザビの中谷さん(右)のご紹介です。


対岸のカワセミを観察中の参加者


キジバトがやられた事件現場の検証中


本日の成果です。


1/7(土) 本日の記念写真です。


1/5(木) 生きもの探偵帳の取材中です。


2017.1.1(日) 謹賀新年
皆様には、お健やかに新春をお迎えのことと思います。
本年も何とぞよろしくお願い申し上げます。
嬉しいことに昨年家族が増えましたので
お節は購買欲に打ち勝ち、少し多めに作ってみました。


友人から届いた干支の酉です。石けんアートですよ。


こちらは、毎年購入している吉田一也氏の干支の酉です。



お節料理 写真をゆっくり撮る暇なしでした。

トップへ戻る