HOME

風の小さな生き物たち


2021年へ ← 2022年の生き物たち → 2023年へ

2022.1.22(土) ホソミオツネントンボに出合いました♪

Y博士夫人から近くの公園にホソミオツネントンボがいるとの情報をいただき、すわ参上!
ホソミオツネントンボは、成虫越冬する珍しいトンボです。
ここ最近探しても見つからず、残念に思っていましたので、とっても嬉しい知らせでした。

春には体色が青くなり、その美しい姿を見せてくれること楽しみにしています。


ホソミオツネントンボ 今日はポカポカ陽気でした。


ホソミオツネントンボ 岩を背景にひっそり止まっています。


ホソミオツネントンボ 大きさ35-42mm この姿、とても気が付きませんよね。


ホソミオツネントンボ そして春・・・こんなブルーになって活動を始めます。


2022.1.15(土) 生き物発見隊 in 岡山県自然保護センター

今年初めての生き物発見隊が講師の山田 勝先生ご指導のもと開催されました。
今日は、成虫越冬するホソミオツネントンボとセトウチサンショウウオの卵嚢を発見しようという
目的を掲げ、いつものコースを廻りました。
その結果、残念ながら目的は果たせませんでしたが、オオムラサキの幼虫を発見!
とても充実した発見隊となりました。

お世話になりました山田先生、橋本先生、村上先生、関係各位に厚く御礼申し上げます。


講師の山田先生の開会ご挨拶です。


ササコナフキツノアブラムシ 粉のように見えた生きもの。いったいいくらいるのでしょう。


ボランティアの皆さんがセトウチサンショウウオの産卵場を整備してくださいました。


セトウチサンショウウオの卵嚢は見つかったかな?


ムネアカハラビロカマキリ卵鞘(外来種)かも?とのことです。


オオムラサキ突起が4対(手前)とゴマダラチョウ(奥側)の幼虫


2022.1.8(土) 瀬戸町生きもの探偵団の開催

明けましておめでとうございます!
本日、岡山市立瀬戸公民館主催講座の「瀬戸町生きもの探偵団」が開催されました。
講師は村上勇先生で、「瀬戸アユモドキの里」の越冬昆虫の観察がメインテーマです。

現地では、村上先生が昨年から用意された材木が朽ち木になっており
その朽ち木からいろんな生きものが出たのでビックリ!!!
中でも5~10歳くらいかなと思われる子供たちが出てくる生き物を全て知っているから二重のビックリ!
自然好きな親子さんにとても感動した生きもの探偵団となりました♪

お世話になりました村上勇先生、山田勝先生、関係各位に厚く御礼申し上げます。


キリンビール岡山工場集合で講師の村上勇先生からご挨拶です。


アオスジアゲハの蛹を発見!多分絶命しているのでは?とのこと。


瀬戸アユモドキの里でカマキリの卵鞘発見!


カメノコテントウ 子どもが発見!成虫越冬です。


マイマイカブリ こちらも成虫越冬。朽ち木に多数いました。


ゴマダラチョウ(幼虫) エノキ落ち葉の下にひっそり生きていました。


ゴマダラチョウ(幼虫) 6個体も発見されました!(写真は5個体)


村上先生から最後のまとめをしていただき終了しました。

トップへ戻る