HOME

風の小さな生き物たち


2022年へ ← 2023年の生き物たち → 2024年へ

2023.1.29(日) 越冬昆虫大発見 in 岡山県自然保護センター

標題の観察会がありボランティアで参加しました。
越冬昆虫たちは、タマゴ、幼虫、さなぎ、成虫の姿で越冬しているので
そっと覗いてみようというものです。
講師は山田 勝・村上勇先生で、多くの親子連れさんのご参加でセンター棟を出発!
センター棟周辺から虫の原っぱで出会った越冬昆虫のほんの一部ですがお届けします。


村上先生がプレートの裏から何か発見!


クヌギカメムシ(卵)森のキャビアとも呼ばれるそうです。


オオカマキリの卵塊 いなり寿司のような形です。


ハラビロカマキリ(卵塊) たくさんありました。


エノキの下でオオムラサキの幼虫探し


虫の原っぱに到着しました。三々五々探しています。


朽ち木の中にヒゲナガコメツキ(幼虫)? 



朽ち木の中にオオゴキブリ(幼虫)


数が減ったと言われるオオミノガも発見。


2023.1.21(土)生き物発見隊 in 岡山県自然保護センター

岡山県自然保護センター友の会主催の生き物発見隊が開催されました!
講師は山田 勝先生で、熱心な参加者で大変にぎわいました。
田尻大池では、カンムリカイツブリやヨシガモ、
そしてセトウチサンショウウオとその卵嚢。最後にはオオムラサキの幼虫発見!
と、寒さ真っただの中で大変嬉しい出会いがありました。
お世話になりました山田先生はじめ関係各位に厚く御礼申し上げます。


郷の茶屋で山田先生(黄緑の上着)のご挨拶です。


田尻大池でカモ類観察中


カンムリカイツブリ 2羽いました!


続いてセトウチサンショウウオが産卵していないか探します。


Hさんセトウチサンショウウオの卵嚢を発見!!!


セトウチサンショウウオ(♂) 立派な男子がいました♪


セトウチサンショウウオ(♂) 手を十分に冷やして乗せています。可愛いね!


続いてホンドキツネの糞を発見!!


オオムラサキのダブル幼虫発見!!!


オオムラサキ幼虫のシングルも発見(^^♪


2023.1.5(木) ゴマダラチョウの幼虫


お正月気分も抜けて、心機一転!スタートされた方も多いと思います。
ぐるっとフィールドを巡るとゴマダラチョウの幼虫を発見!
エノキの葉の裏で越冬中でした。
今年もきれいな翅を広げて青空へ飛び立って欲しいものです。


ゴマダラチョウ(幼虫) 兎の耳に似ていませんか?


ゴマダラチョウ(幼虫) 起こしてごめんなさい。


ゴマダラチョウ(幼虫) とても可愛いです。


ゴマダラチョウ(幼虫) 背中の突起が3対(4対にも見えますが)あるのが特徴です。


ゴマダラチョウ(成虫) こんな美しいチョウになります。

トップへ戻る