風の小さな生き物たち

2016年へ ← 2017年の小さな生き物たち → 2018年へ

2017.2.19(日) セツブンソウ最盛期
川会山野草を守る会が管理・運営をされているセツブンソウを見に行ってきました。
セツブンソウは「春を告げる花」として有名ですが、まさに最盛期でした。
小さく可憐な花一輪一輪が咲き誇り、見事としか言いようがありませんでした。


セツブンソウ 春の音符みたいですね。


セツブンソウ 花弁は5枚ですが重弁もあるそうです。


セツブンソウ 横からの姿は蘭にも見えます。


セツブンソウにホソヒラタアブ(Y博士より)がやって来て吸蜜しています。


セツブンソウ 三姉妹のようです。


セツブンソウ 群生の一部です。


フクジュソウ 近くの庭で撮らせていただきました。


2017.1.4(水) ”森と水の妖精”カスミサンショウウオに出逢いました。
謹賀新年♪本年もよろしくお願い申し上げます。
年明け早々、Y博士のカスミサンショウウオ調査にお供しました。
カスミサンショウウオはY博士の予想通り卵を産んでおり、子孫繁栄を願うのみでした。


カスミサンショウウオ高地型(♀) 名前のとおり霞模様が大変きれいです。


カスミサンショウウオ高地型(♀) 正面のお顔が超可愛い♪


カスミサンショウウオ高地型(♀) これから卵を産むのです。


カスミサンショウウオ高地型(♀) 元の場所に戻って行きます。


カスミサンショウウオ(♂) 昨年12月、別の場所で泳いでいた個体です。


タゴガエル 冬眠していたのを起こしてしまったかも?ごめんね。


ザトウムシ この時期見つかるなんて不思議不思議???

トップへ戻る