風の趣味
ようこそ!せと川柳の会です。
毎月第3木曜日の午後1時から3時まで岡山市立瀬戸公民館で例会を行っています。
講師は従野健一先生です。ご興味のある方は是非お越しください。

 課    題  内          容 作  者 
 2017.2.16(木)
課題「声」
 健一 選     

 佳作 山彦の声もむなしく友が逝く
 佳作 水色の声に変って恋終わる
 佳作 思案するブランコが聞く天の声
 佳作 向き合えば以心伝心手話の声
 佳作 夫の墓声なき声で語りかけ

 人位 亡母からの声なき声を杖とする
 地位 笑い声積み立て空を晴れにする
 天位 産声が未来の扉こじあける

 軸吟 夕陽背に子供の声が遠ざかる
 


宅 栄
英 子
正 子
冨喜子

正 子
宅 栄
礼 子

健 一
 
2017.2.16(木)
課題「白」
 敏 選      

 佳作 独り居に雪しんしんと酒を飲む
 佳作 まっ白い余白に誰も入れさせぬ
 佳作 余命表余白まだあるらしい
 佳作 どんな未来盛ろうか過疎の白い皿
 佳作 まず健康と書く真白な初日記

 人位 憧れは黒白しっかり言える人
 地位 白黒の石が互いの心読み
 天位 陽を浴びた子らのシーツが夢無現

 軸吟 白銀に描くシュプール初スキー
 

修 代
健 一
冨喜子
宅 栄
正 子

清 泉
初 恵
宅 栄


 
 2017.2.16(木)
席題「平和」
 互 選      

 4点句 平和への鳩が行き場を見失う
 4点句 ジジババの平和を乱すチビ台風

 5点句 米櫃にまだコメのある平和

 9点句 みそ汁に今朝も平和の具沢山
  

健 一


正 子

宅 栄
 
 2017.1.19(木)
課題「追伸」
 健一 選     

 佳作 追伸の文字から滲む母の愛
 佳作 追伸にそっとしのばす母の愛
 佳作 追伸でそっと切り出す腹の中
 佳作 追伸の筆百歳の文字が跳ね
 佳作 ああそうかそうかと追伸三度読む

 人位 愛ふせた追伸胸に火をともす
 地位 追伸の一行春の芽が動く
 天位 丹田に響く追伸の一行

 軸吟 追伸でやっと幸せ取り戻す

  

英 子
初 恵
修 代
宅 栄
正 子

初 恵
宅 栄
正 子

健 一
 
  2017.1.19(木)
課題「落第」
 健一 選    

 佳作 落第の教訓明日への道しるべ
 佳作 落第の点丸めて帰るランドセル
 佳作 落第などは知らぬと鳶弧を描く
 佳作 落第も及第もなく舞うトンビ
 佳作 落第の自画像中々乾かない

 人位 選外の通告凍るスマートフォン
 地位 予選落ち燃える夕日にはげまされ
 天位 落第のモグラいつかは青い空

 軸吟 落第をはねのけラーメン屋のおやじ

  

冨喜子
英 子
正 子
宅 栄
冨喜子

正 子
修 代
宅 栄

健 一

 
2016.12.15(木)
せと川柳忘年会
in 江古園 
       恒例の例会&忘年会を開催しました♪
長老の名言から
「忘れてはいけないことは人に受けた恩、忘れなければならないことは人に与えた恩」
なるほど。長老はすごい!
 
2016.12.15(木)
課題「決断」
 健一 選       

 佳作 旨い話に決断せまる黒い影
 佳作 決断を下したあとの夜の長さ
 佳作 決断の裸足まつりの火を跨ぐ
 佳作 決断をした日の夕陽美しい
 佳作 決断へ風の流れがまだ読めぬ

 人位 決断の勇気をくれた青い空
 地位 ここ一番決断急かす砂時計
 天位 決断の決め手は母のひと滴

 軸吟 ロボットの知能決断鈍らせる

礼 子
冨喜子
宅 栄
英 子
初 恵

礼 子
英 子
正 子

健 一
 
2016.12.15(木)
課題「消しゴム」
清泉 選      

 佳作 消しゴムを貸して少女に淡い恋 
 佳作 消し忘れノートの端が立ち上がる
 佳作 消しゴムなくて唾でこすったその昔
 佳作 赤っ恥かいて消しゴム間に合わず
 佳作 消しゴムが可愛いウソを追っかける

 人位 消しゴムの賀状とび立つ新春の風
 地位 消しゴムは離せぬ夢はまだ未達
 天位 消しゴムで消せない傷がひとつある

 軸吟 星の数失敗消しゴム箱で買う
 
 
礼 子
冨喜子
礼 子

正 子

初 恵
宅 栄
健 一

清 泉
2016.12.15(木)
席題「裸足」
互 選   

 5点句 ずかずかと裸足心踏みにじる
 5点句 ふるさとは裸足になれて身が軽い

 6点句 武士道を裸足に学ぶ豆剣士

 7点句 迷路ばかり歩き裸足にある微熱
 
 
礼 子
礼 子

宅 栄

正 子
2016.11.17(木)
課題「邪魔」
健一 選      

 佳作 乾杯に長いスピーチ邪魔になり
 佳作 同情は邪魔八起目の正念場
 佳作 秋あかね群れて邪魔する散歩道
 佳作 追う夢へ貧乏神が邪魔をする
 佳作 プライドが邪魔して糸が縺れあい

 人位 捨てて来たつもりの欲に邪魔をされ
 地位 禁煙の視界かすめていく紫煙
 天位 邪魔者の癌へ決意の果たし状

 軸吟 邪魔せぬよう日陰でそっと彼岸花
 

初 恵
宅 栄

冨喜子


冨喜子
正 子
英 子

健 一 
2016.11.17(木)
課題「割り切る」
初恵 選      
 
 佳作 割り切ったつもりに煩悩邪魔をする
 佳作 割り切れず気持ち引きずり夜が白む
 佳作 割り切れず迷路に入る脳回路
 佳作 割り切って旅立つ背なに太陽がもえる
 佳作 割り切れば夕日に溶けていく妬心

 人位 割り切れば背負う荷物も軽くなる
 地位 割り切ったか妻軽やかに葱刻む
 天位 割り切って仰ぐ空には雲がない

 軸吟 いつものこと割り切り早い妻の顔
 

冨喜子
久仁子
礼 子

宅 栄

礼 子
英 子
正 子

初 恵
 
 2016.11.17(木)
席題「待つ」
互 選     

 4点句 反抗期笑顔の新芽じっと待つ
 4点句 今日もまた誰かの声を待つ孤独
 4点句 幸せの種蒔いて待つこの笑顔

 5点句 見守ろう大器晩成子の成長

 8点句 オペ成功の声を千羽の鶴と待つ
  

宅 栄
英 子
正 子

修 代

宅 栄
 
 2016.10.20(木)
課題「橋」
健一 選     

 佳作 恋来い橋夢みる秋の物語
 佳作 時計止めスローライフの橋渡る
 佳作 指切りの淡い思い出丸木橋
 佳作 橋渡しうまく結べた赤い糸
 佳作 魔女にでも鬼女にでもなり渡る橋

 人位 橋架けて日帰りしたいな天国へ
 地位 濁流も清流も呑み母の橋
 天位 苦も楽も背負い一本橋を渡る

 軸吟 橋の向こうで待っていたのは青い空
 

正 子
宅 栄
冨喜子

宅 栄

修 代
宅 栄
正 子

健 一
 
  2016.10.20(木)
課題「火種」
正子 選     

 佳作 気紛れな噂火種は闇の中
 佳作 春うらら風に火種が煽られる
 佳作 夏下冬上炭火起こしは母の知恵
 佳作 野心など無いが火種が疼く夜
 佳作 青春の火種へ風も陽も味方

 人位 妥協したはずの火種が立ち上がる
 地位 母さんの火種時々噴火する
 天位 背表紙の裏で火種の深呼吸

 軸吟 埋め火へ噂の風が立ち停まる
 

英 子
礼 子
修 代
富貴子
宅 栄

富貴子
初 恵
宅 栄

正 子
 
2016.10.20(木)
席題「留守」
互 選      
 
 3点句 おしゃべりの手元が留守と亡母の檄
 3点句 番犬が甘えて尻尾振る誤算
 3点句 娘の留守電心配になる親心
 3点句 物忘れ心留守でも花は咲く

 4点句 ひとり居に留守番はなく鍵一つ

 5点句 留守らしい洗濯物が雨の中
 5点句 家中がモノクロになる妻の留守
 

宅 栄
正 子
初 恵
富貴子

 初 恵

正 子
宅 栄
 
 2016.9.15(木)
課題「裏」
健一 選    

 佳作 眼裏に亡母が棲んでいる道標
 佳作 裏口へ野良猫のえさを置いておく
 佳作 裏口の甘い匂いにだまされる
 佳作 裏通り歩けば人情物語
 佳作 裏庭に欲も希望も干してある

 人位 見てみたい鏡の裏にある本音
 地位 B面でいつか青空つかむ夢
 天位 終章を刻む牛歩の足の裏

 軸吟 裏道であなたの影を見失う
 

正 子
久仁子
初 恵
礼 子
正 子


宅 栄
正 子

健 一
 
2016.9.15(木)
課題「ライバル」
久仁子 選     

 佳作 ライバルのドラマが熱い甲子園
 佳作 ライバルの影ゴジラにもネズミにも
 佳作 ライバルに尻尾は見せぬご挨拶
 佳作 ライバルの息切れを聴く亀同士
 佳作 ライバルへエールを送る余裕でき

 人位 命がけで子孫を残す恋バトル
 地位 ライバルを無視したはずが眠れない
 天位 ライバルに負けてなるかと蝉時雨

 軸吟 ライバルがいつの間にやら真の友
 

英 子 
正 子
正 子
宅 栄
健 一

宅 栄
冨喜子


久仁子
2016.9.15(木)
席第「ふんわり」
互選     

 4点句 反抗期の球はふんわり受け止める
 4点句 ふんわりと着て体形を隠す夏
 4点句 ふんわりと愚痴をつつんで風の中

 6点句 新米がふんわり里を炊き上げる

 7点句 玉子焼き愛を一匙ふんわりと
 

宅 栄
英 子


宅 栄

冨喜子
 
2016.8.18(木)
課題「宿」
健一 選    

 佳作 少子化かつばめの宿も空き目立ち
 佳作 宿借りのように気ままに世を渡る
 佳作 晩学の森の宿から陽が弾け
 佳作 強欲を雀のお宿に裁かれる
 佳作 湯けむりの鏡が覗く旅日記

 人位 宿敵も私も老いたみな白紙
 地位 合宿の汗が育てる明日の彩
 天位 宿決めた日から二人の長い旅

 軸吟 密会の宿へ容赦ない嵐
 

久仁子
礼 子
宅 栄
正 子
初 恵

正 子
宅 栄
初 恵

健 一
 
 2016.8.18(木)
課題「習慣」
英子 選

 佳作 ごみ出しのとうさんやっと習慣化
 佳作 まな板の音狂ってきたら妻の乱
 佳作 習慣を捨てて未来の船を出す
 佳作 晩酌をもうする頃と酒がでる
 佳作 ウォーキング習慣雨が邪魔をする

 人位 習慣のジョギング夕日にありがとう
 地位 野仏に今朝も会釈のランドセル
 天位 早起きの習慣朝陽ひとり占め

 軸吟 里に住み昔ながらの盆供養

礼 子
宅 栄

健 一
久仁子

礼 子
宅 栄
正 子

英 子
 
 2016.8.18(木)
席題「遮断機」
互 選

 4点句 遮断機の向こうはパッと別世界
 4点句 遮断機が恋路邪魔して更に燃え
 4点句 何時からか遮断機下りた夫婦仲

 5点句 ガン転移あったらいいなあ遮断機が

 6点句 遮断機があがり何かいい予感
 

健 一
礼 子
久仁子

清 泉

正 子
 
2016.7.21(木)
課題「セクハラ」
健一 選   

 佳作 セクハラへあやしく男の目が光る
 佳作 セクハラのひとこと人生岐路に立ち
 佳作 セクハラと勘違いして恋逃す
 佳作 凛として立ってセクハラ遠くする
 佳作 その昔 セクハラなんて辞書の中

 人位 美しい花セクハラの罠を秘め
 地位 セクハラがベールの中でかくれんぼ
 天位 セクハラをやんわり流し桃熟れる

 軸吟 セクハラに怯え商談取り逃がす
  

初 恵
冨喜子
久仁子
正 子
冨喜子

宅 栄
礼 子
英 子

健 一
 
2016.7.21(木)
課題「乗り切る」
冨喜子 選   

 佳作 乗り切った後のお酒と青い空
 佳作 乗り切れと影が背な押す病みの坂
 佳作 難局を乗り切る父の座標軸
 佳作 台風を乗り切り光る棚田の穂
 佳作 神の加護信じ乗り切る再入院

 人位 乗り切った汗が明日へ戸を開ける
 地位 乗り切った大役自信の芽が覗く
 天位 荒波を乗り切り母の待つ港

 軸吟 選者の荷降りて一息空仰ぐ
 

健 一

宅 栄
宅 栄
正 子

礼 子
正 子
礼 子

冨喜子
 
2016.7.21(木)
席題「会話」
互 選   

 3点句 あじさいと会話独りの雨上がり
 3点句 半世紀おいそれあれという会話
 3点句 何気ない会話独居の潤滑油
 3点句 三婆が井戸端会議の医者帰り
 3点句 的射たか会話途切れるほどの息

 4点句 終点へ傷を舐めあう会話です
 4点句 梅雨空に会話が弾む傘の中
 4点句 ひそひその会話に耳を立てたがる

 5点句 手料理に会話が弾む夕餉膳
 5点句 青雲の会話明日への鍵を開け
  
 
英 子
清 泉
礼 子

正 子

健 一
英 子
久仁子

礼 子
宅 栄
2016.6.16(木)
課題「酸欠」
健一 選  
 
 佳作 中天にて酸欠知らぬこいのぼり
 佳作 酸欠の心を抱いてぶらり旅
 佳作 青空が酸欠状態軽くする
 佳作 酸欠のあなたへれんげの首飾り
 佳作 酸欠を起こした程の名演技

 人位 酸欠の脳を耕す辞書を買う
 地位 酸欠と金欠樹海に影落とす
 天位 凝視の目が囲むモナリザの酸欠

 軸吟 酸欠の街から蟻が帰らない

正 子
英 子
礼 子
宅 栄
久仁子

冨喜子
初 恵
正 子

健 一
 
2016.6.16(木)
課題「のんびり」
礼子 選  

 佳作 盆栽展松とのんびり会話する
 佳作 ワンテンポずらしのんびり老いの春
 佳作 いい風に出会いのんびり蝶は舞う
 佳作 真っ当に生きてのんびり茶をすする
 佳作 のんびりへ風がページを開く音

 人位 のんびりと待てばそのうち花が咲く
 地位 のんびりの人でのんびり温い語尾
 天位 のんびりと装い心は火の車

 軸吟 終着へ道草しつつのんびりと
 

健 一
冨喜子
英 子
正 子
宅 栄

健 一
宅 栄
久仁子

礼 子
 
 2016.6.16(木)
席題「笛」
互選

 4点句 少年の口笛明日の扉を叩く

 5点句 トンネルの出口へ澄んだ母の笛

 6点句 笛吹けど踊ってくれぬ脳回路
 

正 子

宅 栄

英 子
 
2016.5.19(木)
課題「ピエロ」
健一 選 

 佳作 最終章ピエロになって軽やかに
 佳作 喝采を浴びてもピエロ胸晴れず
 佳作 あの夫婦どちらがピエロ仲が良い
 佳作 青雲のピエロに明日の樹が茂る
 佳作 看取る妻ピエロの仮面持ち歩く

 人位 野の虫と遊ぶピエロの無位無冠
 地位 青春はピエロいつか仮面が風に舞う
 天位 平成の海で溺れているピエロ

 軸吟 淋しくてピエロと握手しています
 

礼 子
冨喜子
修 代
宅 栄
英 子

宅 栄
初 恵
正 子

健 一
 
2016.5.19(木)
課題「脱皮」
健一 選 

 佳作 冬衣脱げば心も春うらら
 佳作 脱衣場に無事に大役終えた殻
 佳作 脱皮して命短いせみの恋
 佳作 いつの間にか少女は脱皮ハイヒール
 佳作 幾度かの脱皮重ねて燻し銀

 人位 迷走の先に脱皮のパスワード
 地位 脱皮する私へ辞書が背なを押す
 天位 超美人へ脱皮と夢想春爛漫

 軸吟 青空の下で大きく脱皮する
 


宅 栄
礼 子
英 子
正 子
 
宅 栄
冨喜子
正 子

健 一
 2016.4.21(木)
課題「押す」
健一 選

 佳作 押し問答あなたの笑顔に負けました
 佳作 あの時の母のひと押しあればこそ
 佳作 押し問答甘いコーヒー差し入れる
 佳作 まだ青い幹だが空も風も押す
 佳作 押入れは大正昭和の玉手箱

 人位 団結の汗が無限の扉押す
 地位 横車押して孤独の海の中
 天位 ドア押して私を変える風と逢う

 軸吟 温かい言葉につられ判を押す
  

冨喜子
久仁子
礼 子
宅 栄
冨喜子

宅 栄
正 子
英 子

健 一
 
2016.4.21(木)
課題 暴走
宅栄 選 
 
 佳作 風向きが変わり暴走してしまい
 佳作 火のついた暴走ばれて長い夜
 佳作 暴走に冷たい風がつきまとう
 佳作 暴走の茶髪も今は子煩悩
 佳作 暴走の言葉が消せぬボールペン

 人位 暴走した海立ち直り牡蠣を抱く
 地位 時に暴走してもせいぜい二駅先
 天位 人生の暴走地図の無い迷路

 軸吟 暴走か意欲か風の視野の中

健 一
修 代
礼 子
英 子
冨喜子

英 子
正 子
初 恵

宅 栄
 
 2016.4.21(木)
席題「底」
互 選
 
 5点句 底知れぬ知略に一歩二歩下がる
 5点句 どん底の風は意外に温かい

 6点句 寄り添って咲く雑草の底力

 7点句 ライバルの羽音かすかに耳の底

正 子
健 一

冨喜子

宅 栄
 
2016.3.17(木)
課題「夢」
健一 選    

 佳作 余生の夢わたしのリズムで洒落てみる
 佳作 捨てきれぬ夢を拾って一歩二歩
 佳作 夢にでて誘うな私はまだ逝かぬ
 佳作 傷心の鍵盤夢を弾き語り
 佳作 コーヒーに夢がゆっくり発芽する

 人位 若い日の夢おどってる古日記
 地位 夢求め迷路で飛ばす紙風船
 天位 血のにじむ汗を絞れば夢の彩

 軸吟 夢のまま三途の川を渡りたい
 
冨喜子
正 子

宅 栄
初 恵
 
礼 子
初 恵
宅 栄

健 一
2016.3.17(木)
課題「峰」
敏 選 

 佳作 遠い日の夢を奏でる里の峰
 佳作 冬の峰登る朝日にもらう喝
 佳作 見上げれば峰は厳父のごとく立つ
 佳作 人生の幾多の峰に温い風
 佳作 川柳の峰はけわしい筆が泣く

 人位 あの峰に向かって進む一歩ずつ
 地位 里の峰孤独な風が吹き抜けて
 天位 冬銀河子らにつかめと過疎の峰

 軸吟 連山の峰風きびし冬登山
 
 
初 恵
宅 栄
正 子
初 恵
冨喜子

久仁子
初 恵
宅 栄


2016.3.17(木)
席題「安心」
互 選 

 5点句 安心をもらった母の子守歌
 5点句 安心が出来ぬ男とゲームする
 5点句 家族皆足音揃う夕餉どき

 6点句 安心のリズムで踊る聴診器
 

健 一
初 恵
正 子

健 一
 
2016.2.18(木)
課題「登る」
健一 選   

 佳作 笑う膝と石段登る初詣
 佳作 えんやこらと坂道登る人生譜
 佳作 ラストチャンス辛抱の木によじ登る
 佳作 天国へ登る準備が忙しい
 佳作 登っても次に奈落の底が待つ

 人位 あと何年私の人生何合目
 地位 登り道花摘みながら浄土まで
 天位 火も風も抱いて孤高の十合目

 軸吟 遺言状抱いて決死の山登る
 

正 子
英 子
宅 栄
初 恵


修 代
英 子
宅 栄

健 一
 
2016.2.18(木)
課題「別れる」
清泉 選   
 
 佳作 さようならのならに疑問符ついたまま
 佳作 在りし日を来ない賀状に偲ぶ初春
 佳作 鐘の音に別れの辛さつのる夜
 佳作 別れ言葉は胸にしまって生きる葦
 佳作 母が逝った四十九日に見送れた

 人位 終焉はあっけらかんと別れたい
 地位 別れての残像日々に胸覆う
 天位 ちぎれ雲別れは孤独風の旅

 軸吟 卒業証書惜別師友道新た
 

正 子
英 子
英 子
健 一
修 代

英 子
正 子
初 恵

清 泉
 
 2016.2.18(木)
席題「雪だるま」
互 選  

 5点句 雪だるまママと絵本の中で溶け

 6点句 雪だるま冬のソナタを夢に見る

 7点句 七転八起き転んで太る雪だるま
 

宅 栄

正 子

礼 子
 
2016.1.21(木)
課題「核心」
健一 選  

 佳作 核心をつくとぐらつく遺言書
 佳作 不器用に生きて核心いつもずれ
 佳作 ユーモアを混ぜて核心衝いてくる
 佳作 核心はわざとそらして妥協点
 佳作 核心に触れるとピクリ動く頬

 人位 言わずとも妻の直球ど真ん中
 地位 核心をつくと女の闇になる
 天位 真実は嘘と詭弁で闇の中

 軸吟 核心に碁石をひとつ置いてある
 

宅 栄
初 恵
英 子
英 子
久仁子

正 子
宅 栄
修 代

健 一
 
2016.1.21(木)
課題「戦」
健一 選   

 佳作 軽減税率茶碗の中の陣取り合戦
 佳作 戦いの跡に虚しさテロの術
 佳作 善戦が終わって握手光る汗
 佳作 イスラムの戦火憂える冬桜
 佳作 ひとすじの涙で勝った心理戦

 人位 持久戦の終わりを告げるふかし芋
 地位 戦いの最后の一手「歩」が動く
 天位 戦いも諍いもなく花無心

 軸吟 戦いをじっと見ているうちの猫

修 代

礼 子
英 子
宅 栄

宅 栄
初 恵
正 子

健 一
 
2015.12.17(木)
課題「耳ざわり」
健一 選 

 佳作 子を思う母の言葉は聞き流す
 佳作 愛だったと後で気がつく耳ざわり
 佳作 耳ざわりな忠告じわり効いてくる
 佳作 耳ざわり良くてはまった蟻地獄
 佳作 耳ざわり良すぎて補聴器を外す

 人位 蒸し返す話だかるく塩漬けに
 地位 耳ざわり補聴器はずせば別世界
 天位 耳ざわりなうわさも抜ける秋の空

 軸吟 耳ざわりな話が刺さる冬の風
 

修 代
宅 栄
英 子
礼 子
礼 子

正 子
冨喜子
初 恵

健 一 
2015.12.17(木)
課題「初心者」
初恵 選 

 佳作 初心者はこつがわからず四苦八苦
 佳作 初めてのデートそわそわ頬染める
 佳作 初心者を大事に包む深い霧
 佳作 丸坊主庭木初心者それと知れ
 佳作 スマホまだ初心者八十の迷う指

 人位 初心者のやる気に活気づく講座
 地位 前を行く若葉マークに車間距離
 天位 八十の手習い夢が動き出す

 軸吟 初心者の新鮮な句が光りおび
 

修 代
清 泉
健 一
清 泉
英 子

英 子
正 子
英 子

初 恵
 
2015.12.17(木)
席題「美人」
互 選 

 4点句 美人だと言われ美人になってくる
 4点句 京散歩言葉美人に畏まる
 
 5点句 ほほえめば鏡も美人にしてくれる
 5点句 美人より笑顔絶やさぬ妻が好き

 8点句 手拭いがスカーフ代わり野良美人
 

健 一
正 子

冨喜子
宅 栄

宅 栄 
2015.11.19(木)
課題「再起」
健一 選  
 
 佳作 再起への道からいつか愚痴は消え
 佳作 八起き目の再起を誓う日本晴れ
 佳作 リニューアル笑顔を足して店開き
 佳作 再起への道を繕う母の愛
 佳作 懸命に生きて再起のぺタル踏む

 人位 スランプを抜けて再起の靴光る
 地位 マイナスからの再起迷いは捨てました
 天位 どん底の絵皿再起の彩で溶く

 軸吟 再起する背中へ母の愛もらう
  

礼 子
英 子
正 子
礼 子
冨喜子

英 子
正 子
宅 栄


健 一
 
2015.11.19(木)
課題「雑巾」
正子 選  

 佳作 雑巾でふいて消した古い傷
 佳作 放課後の雑巾子らの夢語る
 佳作 ギュッと雑巾握力鍛え老い元気
 佳作 雑巾に我慢をせよと教えられ
 佳作 秋日和さぁぞ王金の出番だよ

 人位 ロボットに邪魔され雑巾苦笑い
 地位 雑巾のように働く母の影
 天位 雑巾と安保法案語る日々

 軸吟 雑巾にも昭和の母の返し縫い
 


宅 栄
礼 子
健 一
英 子

冨喜子
久仁子
健 一

正 子
 
2015.11.9(木)
席題「茶碗」
互 選 
 
 4点句 茶碗二つ感謝の時が横たわる
 4点句 朴の葉を茶碗に山のにぎり飯
 4点句 新米を茶碗に盛って老母は待つ

 5点句 愚痴少し茶碗につめた妻の味
 

正 子
宅 栄
英 子

冨喜子
 
2015.10.15(木)
課題「波紋」
健一 選 

 佳作 一石の波紋がひとり歩きする
 佳作 一葉が波紋をつくる美しく
 佳作 伸び縮み波紋にゆれるまるい月
 佳作 ミクロから未知の夢湧く顕微鏡
 佳作 震源も知らず波紋に揺れる雑魚

 人位 波紋もう群青にした母の海
 地位 一石の波紋に揺れる根なし草
 天位 この胸の波紋を揺らす秋の風

 軸吟 石投げてみても波紋は広がらぬ
 

初 恵
久仁子

宅 栄
正 子

宅 栄
礼 子
英 子

健 一
 
 2015.9.17(木)
課題「流れ星」
久仁子 選

 佳作 想像の世界広げる流れ星
 佳作 流星群少女になって待つ夜更け
 佳作 流れ星見上げる顔はピンク色
 佳作 亡き人に思いをはせる流れ星
 佳作 流れ星そり立つ山をすっと越え

 人位 流れ星願い事よりありがとう
 地位 流れ星かすかに過った亡夫の影
 天位 肩寄せて指差す先に流れ星

 軸吟 流星群寒さも怖さも忘れさせ
 

 礼 子
英 子
健 一
冨喜子
宅 栄

修 代
礼 子
正 子

久仁子
2015.10.15(木)
席題「弁当」
互 選 

 4点句 ママの弁当アンパンマンが飛び出した
 4点句 野良ランチ蝶もトンボも仲間入り

 5点句 弁当を開ければ妻の旬の風
 5点句 ハイキング紅葉に弁当覗かれる
 

初 恵
冨喜子

宅 栄
正 子
 
 2015.9.17(木)
課題「おびえる」
健一 選

 佳作 怯え泣く幼子鬼が大慌て
 佳作 まだ米寿とライバル脳を活性化
 佳作 どうしよう記憶回路がさびてきた
 佳作 平和な世いくさの影が付き纏う
 佳作 猛暑予報落武者のごと立つ気力

 人位 人間の絆怯える地球船
 地位 再発の恐怖へ風の歌薬
 天位 怪談を聴きそれから夏の夜

 軸吟 乱暴な風に怯えている風鈴
 


宅 栄
冨喜子
英 子
正 子

初 恵
宅 栄
正 子

健 一
 
 2015.9.17(木)
課題「迷惑」
英子 選

 佳作 元気でネ八十路の身には重すぎる
 佳作 迷惑を笑顔で包む赤い糸
 佳作 迷惑なことだよ母の遺言書
 佳作 ねぶか節迷惑顔も何んその
 佳作 迷惑な話が風に乗って来る

 人位 迷惑な雨だふたりはびしょぬれに
 地位 おむすびの輪へおしゃべりが来て座る
 天位 迷惑な夜風埋み火また煽る

 軸吟 迷惑はお互いさまと笑い合う
 
冨喜子
初 恵
健 一
久仁子
初 恵

健 一
宅 栄
正 子

英 子
 
2015.9.17(木)
席題「ブランコ」
互 選 
 
 4点句  反抗期ブランコまでの逃避行

 5点句 ブランコに乗る子が絶えて風が乗る

 6点句 鍵っ子にブランコ揺れて茜空

正 子

礼 子

健 一
 
2015.8.20(木)
課題「終止符」
健一 選    
  
 佳作 格差社会にピリオド打って待つ平和
 佳作 二人旅終止符の無いエンドレス
 佳作 終止符は花の下でと書く日記
 佳作 終止符を打てば本音を出すレモン
 佳作 無二の友ピリオドうって千の風

 人位 終止符を打つまで私の彩で咲く
 地位 終止符を打ちまっさらな風を抱く
 天位 過疎の灯がまるで終止符闇にゆれ

 軸吟 終止符を打つには空が青すぎる
 

英 子
初 恵
冨喜子
宅 栄


冨喜子
宅 栄
正 子

健 一
 
2015.8.20(木)
課題「共犯」
冨喜子 選     
 
 佳作 君となら覚悟の共犯悔いはない
 佳作 共犯も欲が顔出し仲間割れ
 佳作 逆風へみんな明日の顔で咲く
 佳作 他言無用二人でケーキ食べました
 佳作 共犯の最後二人で助け合い

 人位 共犯の黒子後でたずな引く
 地位 野火走る共犯の影けもの道
 天位 ポケットの飴が膨らむ共犯者

 軸吟 ゆすらうめ腕白仲間と盗み食い

正 子
修 代
宅 栄
正 子
初 恵

初  恵
初 恵
宅 栄

冨喜子
 
2015.8.20(木)
席題「喧嘩」
互 選     
 
 4点句 お早うのキャッチボールで喧嘩なし
 4点句 言い勝っても父の大樹に届かない

 5点句 喧嘩した事もう忘れ頼みごと
 5点句 夫婦喧嘩の仲をとりもつ虫の声
 5点句 こりもせず老いの二人の口げんか

冨喜子
宅 栄

英 子
宅 栄
初 恵
 
2015.7.16(木)
課題「欲」
健一 選   
 
 佳作 ほめ言葉学習意欲に灯がともる
 佳作 八十路の身いたわり欲しいと乱気流
 佳作 年重ね欲望だけが闊歩する
 佳作 年齢が欲の目盛を変えていく
 佳作 欲得の打算を跨ぐ袈裟の音
 
 人位 欲と欲絡みドラマは終章へ
 地位 欲すこぉし消すと聞こえる風の声
 天位 欲洗う十指にまとう娑婆の風

 軸吟 欲深いヘビが食べすぎ動けない
 

礼 子
冨喜子
久仁子
宅 栄
正 子

英 子
宅 栄
正 子

健 一
 
 2015.7.16(木)
課題「忍ぶ」
礼子 選   
 
 佳作 耐え忍ぶ孤独の海が深すぎる
 佳作 顔半分笑っておいて忍びます
 佳作 押入れの昭和捨てるに忍びない
 佳作 耐え忍ぶ漬け物石の重いこと
 佳作 忍の字が迷子になったスマートフォン

 人位 耐え忍ぶご時世嫌だ軍靴の音
 地位 妻の座に忍の一字が根を張って
 天位 忍の字の中で希望の種発芽 

 軸吟 忍貫いた明治生まれの強い亡母

正 子
冨喜子
英 子
健 一
正 子

清 泉
初 恵
宅 栄

礼 子
 
2015.7.16(木)
席題「香り」
互 選    

 3点句 母さんの香りが残る台所
 3点句 バラ香るプラス志向の老いの庭

 4点句 いつの間に香り漂う娘に育ち
 4点句 シャネル5を香らせ過疎に立つ案山子
 4点句 味噌汁の香りに元気もらう朝

 5点句 絵手紙に香りも添えて句も添えて
 5点句 草の香をまとい野良着の妻が居る
 

健 一
英 子 

初 恵
宅 栄
礼 子

冨喜子
清 泉

2015.6.18(木)
課題「無造作」
健一 選  

 佳作 無造作な風が出入り無人駅
 佳作 無造作にかけた言葉が生む誤解
 佳作 無造作なしぐさにぬくもり背に感じ
 佳作 無造作な顔並んでる三面鏡
 佳作 無造作に投げた言葉で自爆する

 人位 無造作に投げた言葉が風に乗る
 地位 無造作に生きて老後は迷い鳥
 天位 無造作の裏にち密な策がある

 軸吟 献花台の花無造作に捨てられる
 

宅 栄
英 子
冨喜子
初 恵
正 子

礼 子
冨喜子
宅 栄

健 一
 
2015.6.18(木)
課題「傾く」
健一 選 

 佳作 逆風をつかんで傾斜ヨットの帆
 佳作 雨だれに耳傾ける独りの夜
 佳作 白黒はつけず耳だけ傾ける
 佳作 熱弁に負けて傾く反対派
 佳作 好きな風選び傾く風見鶏

 人位 傾斜する心の行方探す午後
 地位 泥ん子の夢に傾く父の耳
 天位 人情話積めば傾くやじろべえ

 軸吟 傾いた樹でもうぐいす鳴いている

 

宅 栄
英 子
冨喜子
久仁子
正 子

英 子
宅 栄
正 子

健 一

 
2015.5.21(木)
課題「解く」
健一 選 
 
 佳作 車座に愁い解けてく花むしろ
 佳作 頑なな心を解かす温い風
 佳作 解いて欲しいあなたの心のかたい鍵
 佳作 難題をゆっくり里の風と解く
 佳作 謎を解く刑事と推理する夜更け

 人位 解凍の男の愛が溶けて行く
 地位 クイズ解く私を試すソクラテス
 天位 ほどけない結び目はない母の指

 軸吟 母の掌に謎解く鍵がある

英 子
礼 子
冨喜子
宅 栄
礼 子

初 恵
正 子
宅 栄

健 一 
 2015.5.21(木)
課題「ストレス」
宅栄 選

 佳作 ストレスを蒸発させる青い空
 佳作 プライドが芽生えストレス溜まりだす
 佳作 杉花粉春とストレス連れてきた
 佳作 赦そうと決めてストレス軽くなり
 佳作 賞味期限無いストレスが胃にもたれ

 人位 ストレスをリュックに詰めて花の旅
 地位 ストレスはそっと春野に追い返す 
 天位 永住権もってストレス胃に腸に

 軸吟 ストレスをゆっくりと解く鳥の声 

礼 子
久仁子

冨喜子
初 恵

英 子
健 一
正 子

宅 栄
 
 2015.5.21(木)
席題「天敵」
互選

 3点句 天敵を前に負けじと飲んでいる
 3点句 天敵は我の心に住んでいた
 3点句 天敵と組めば次なる敵が待ち
 3点句 野菜畑天敵うまく生かす知恵

 4点句 天敵が心の隙間ねらい打ち
 
 7点句 天敵が逝って心の風よどむ
 7点句 保護色になって天敵から逃れ
 
 
健 一
久仁子
宅 栄
礼 子

礼 子

宅 栄
正 子
第10回赤磐誌上川柳大会(隔年開催)の作品集が届きましたので特選句をご紹介します。  
なお、ジュニアの部は割愛させていただきます。
 
課題「青空」
従野 健一 選


課題「外」
長谷川至外余 選


課題「影」
藤井 隆子 選


課題「傷」
岡本 淳子 選

 
 人位 青空にわけてあげたい握り飯
 地位 ありがとう叫んでみたい青い空
 天位 てっぺんも谷間も同じ青い空
 
 人位 青空がこんなにきれい塀の外
 地位 補聴器を外すとさやか春の風
 天位 外面を剥がして入る勝手口
 
 人位 出直しの靴が影から勇気くれ
 地位 餓鬼大将の面影躍如クラス会
 天位 いい人はいい影つれてやって来る
 
 人位 傷絶えぬ少年の足裏夢を追う
 地位 じいじいのいくさの傷は語らない
 天位 かさぶたの下にゆっくり不屈の芽

小野 房子
小倉慶司郎
塩見 宅栄

福井 陽炎
黒田 英子
福島 光子

田中 道子
菅形 美枝
佐藤 禮子

田中 道子
藤井 隆子
塩見 宅栄
 
2015.4.16(木)
課題「宇宙」
健一 選   
 
 佳作 三途の川覗いてみたい宇宙から
 佳作 宇宙からの交信全身耳になる
 佳作 宇宙から嫌な使者だよ紫外線
 佳作 宇宙へと風をつかんだ親子凧
 佳作 奥の手を持ってる妻は宇宙人

 人位 満天の星宇宙へ湧くロマン
 地位 宇宙旅行余命表には間に合わぬ
 天位 宇宙への夢躍ってるクレヨン画

 軸吟 宇宙への途中母の遺書がある
 

文巳枝
正 子

宅 栄
初 恵

正 子
礼 子
英 子

健 一 
2015.4.16(木)
課題「誘う」
敏 選   

 佳作 お誘いのメール孤独へ花が咲く
 佳作 休肝日つい誘われて深酒に
 佳作 据え膳の魅力に誘われ主婦の旅
 佳作 うとうとと眠気を誘ういい話
 佳作 春風に誘われ八十路も衣がえ

 人位 傷心へ野風が誘う自由席
 地位 淋しさの隙間を誘う甘い声
 天位 再開に波打つ風が火を起こす

 軸吟 甘い声つい誘われて運のつき
 

英 子
久仁子
冨喜子
初 恵
冨喜子

宅 栄
正 子
初 恵


 
2015.4.16(木)
席題「春」
互 選   

 3点句 待ちかねた春の息吹に山笑う

 4点句 スカーフも心も跳ねて春うらら

 5点句 青空に呼ばれハミング春帽子

 6点句 野も山も命あふれて春の音

 9点句 春の陽が心の釦一つ開け
 

正 子

宅 栄

正 子



宅 栄

 
2015.3.19(木)
課題「ゴール」
健一 選  
 
 佳作 人生の定年のゴールテープ切る
 佳作 何だろうゴールが見えてから牛歩
 佳作 間違いなくゴールへと向く一歩一歩
 佳作 デコボコの人間模様ゴールまで
 佳作 ゴール近し老後設計軋み出す

 人位 逆転のゴールに光る汗涙
 地位 握りこぶしに僕のゴールが秘めてある
 天位 紆余曲折ゴール地点は霧の中

 軸吟 ゴール前油が切れて走れない

 
初 恵
正 子
正 子
礼 子
冨喜子

久仁子
宅 栄
礼 子

健 一
2015.3.19(木)
課題「産声」
清泉 選  

 佳作 産声は偽りのない宝物
 佳作 最高の答え産声から響く
 佳作 二重奏産声元気孫双子
 佳作 産声で分かるこの児は元気くん
 佳作 人となれ産声強く逞しく

 人位 震災に産声あげた娘も二十歳
 地位 産声を聞いたとたんに母の顔
 天位 産声に静かな廊下大喝采

 軸吟 放送塔産声天へ過疎の里

  
 健 一
宅 栄
冨喜子
文巳枝
正 子


文巳枝
久仁子

清 泉
2015.3.19(木)
席題「輪ゴム」
互 選  

 3点句 ポニーテールまさかの出番輪ゴム喜々

 4点句 手首にはいつも輪ゴムがある平和
 4点句 いっぱいに伸びた輪ゴムにあすはない
 4点句 仲の良い二人へ輪ゴム飛ばそうか
 4点句 政界へ輪ゴム鉄砲とどかない
 4点句 欲張って輪ゴムが切れて全部無駄

 5点句 恋文もつけも輪ゴムに束ねられ
  

清 泉

宅 栄
健 一
健 一
正 子
久仁子

宅 栄
 
2015.2.19(木)
課題「命」
健一 選 
 
 佳作 フキノトウ厳冬なんの命燃ゆ
 佳作 山津波ガレキの中に命の灯
 佳作 復興の新芽の命抱く大地
 佳作 宿命と思えば君が山の神
 佳作 運命の出会いを結ぶ赤い糸

 人位 二度とない命ゆっくり日々を縫う
 地位 まな板のくぼみ命の音がする
 天位 命綱持って二人の旅続く

 軸吟 いくばくの命かススキ月に問う
 

清 泉

宅 栄
正 子


英 子
宅 栄
初 恵

健 一
 
 2015.2.19(木)
課題「灰」
義忠 選
 
 佳作 灰色の雲に明日が見えにくい
 佳作 灰色の部屋に再起の梅香る
 佳作 ベランダへそっと灰皿蛍族
 佳作 思案する男たばこの灰ぽとり
 佳作 いさぎよく灰になろうよ敵味方

 人位 灰皿に亡父の哲学深く染み
 地位 適当な火種の灰に焼けるいも
 天位 クドの中の灰までもらう嫌な奴

 軸吟 燃えたぎる灰になるまで好きな道


礼 子
宅 栄
英 子
英 子
健 一

宅 栄
初 恵
健 一

義 忠
 
 2015.2.19(木)
席題「結ぶ」
互 選

 4点句 結んで開いて母の背中が丸くなる
 4点句 結び目をほどけば母の笑い顔
 4点句 靴紐をキリリ玄関初出社
 4点句 さくら咲く努力結んで春が来た
 
 5点句 結び目をきつくする程逃げたがる
 
 7点句 手を結び夢を語った春の土手
 

健 一
健 一
清 泉
英 子

久仁子

英 子
 
 2015.1.15(木)
課題「久しぶり」
健一 選
 
 佳作 久しぶり苦笑の亡父に夢で逢い
 佳作 級友にばったり逢って長いお茶
 佳作 お久しぶり言われてパニック脳細胞
 佳作 久し振りに握った絵筆が自己主張
 佳作 久しぶりの森人間の灰汁を抜く
 
 人位 久し振り復興太鼓海渡る
 地位 久し振り温い握手が離せない
 天位 トンネルを抜けたか光る風の彩

 軸吟 久しぶりダイヤが光るくすり指 

久仁子
英 子
礼 子
冨喜子
宅 栄

正 子
冨喜子
宅 栄

健 一 
2015.1.15(木)
課題「過疎」
初恵 選 

 佳作 過疎守る鍬がトンボと一休み
 佳作 団塊が戻って過疎が活気付き
  佳作 帰省する子を待つ灯り過疎の暮れ
 佳作 町おこし過疎の廃校よみがえる
 佳作 過疎の村へ追い打ちかける雪の山

 人位 夕焼けが見事な過疎の里に住む
 地位 過疎に春千年桜の声高く
 天位 過疎の子の答辞未来の声で読む

 軸吟 過疎の母バリアフリーで元気出す

宅 栄
英 子
英 子
英 子
健 一

冨喜子
正 子
宅 栄

初 恵
 
 2015.1.15(木)
席題「灯台」
互選
 
 3点句 荒海に灯台少し背伸びする
 3点句 灯台のあかりが包む迷い船
 3点句 凪の海岬の灯台ひと休み
 3点句 大荒の波の向こうに波の灯が
 3点句 灯台のあかりに誓う夢一つ

 4点句 灯台のあかりは母の海の愛

 5点句 灯台へ風はやさしく語りかけ
 5点句 灯台になる人がいて前を向く
 5点句 視界ゼロ灯台の灯に掌を合わす 
  
 正 子

正 子
初 恵
冨喜子



健 一
礼 子
宅 栄
2014.12.18(木)
課題「時効」
健一 選  

 佳作  口に指立てた話も時効切れ
 佳作 過去の嘘妻が時効にして平和
 佳作 時効はない胸に棲んでいる悔い一つ
 佳作 真実の扉は開かぬまま時効
 佳作 終に向けた時効がちぎれ雲になり

 人位 時効時効風の煽りに泣く心理
 地位 時効待つ心さみしいひとり旅
 天位 時効でも消せない胸の深い傷

 軸吟 時効までわずか聖書を読んでいる
冨喜子
英 子
正 子
礼 子
初 恵

正 子
冨喜子


健 一 
 2014.12.18(木)
課題「腕」
正子 選 

 佳作 腕の良い職人こだわり強すぎる
 佳作 スゴ腕と言われこの道50年
 佳作 腕時計すこしずらして愛を待つ
 佳作 腕ひとつ鍬を友とし陽の恵み
 佳作 大根がおいしいさすが母の腕

 人位 職人の腕が支える町工場
 地位 シナリオはこの両腕にある農暦
 天位 細腕で守り通してきたのれん

 軸吟 腕捲りサテ今日の日をどう調理
 
文巳枝
義 忠
健 一
礼 子
英 子

初 恵
冨喜子
健 一

正 子
2014.12.18(木)
席題「ボランティア」
互 選  
 
 4点句 ボランティア惜しまぬ汗が光り出す

 5点句 紅葉狩り車椅子押す手に力
 5点句 百葉にも勝る笑顔のボランティア
 5点句 ボランティア善意の波紋世を照らす

 6点句 ボランティア終わると夕陽美しい
 
礼 子

正 子
冨喜子
礼 子

英 子
2014.11.20(木)
「海」健一 選  

 佳作 海峡を渡れば逢えるあの人に
 佳作 少年の海図にでかい大漁旗
 佳作 居るだけで心安らぐ母は海
 佳作 海は凪夕陽に赤い夏帽子
 佳作 難破船蟹と昔の話など

 人位 母逝きて海より深き恩を知る
 地位 再生の海へ船出の帆を上げる
 天位 ストレスを希望に変えた海の青

 軸吟 子の道を歩くと広い海に出る
 

英 子
宅 栄
久仁子
初 恵
正 子

冨喜子
英 子
礼 子

健 一 
 2014.11.20(木)
「終章」冨喜子 選 

 佳作 終章に真っ赤に燃える彼岸花
 佳作 終章へ好みの彩を足していく
 佳作 風に舞う紅葉一葉秋残照
 佳作 終章を書いて全葉光りだす
 佳作 煩悩に惑う終章乱れ萩
 
 人位 終章へ人の情けを知る参道
 地位 自画像にピンクを足して黄昏る
 天位 終章の絵の具は母の彩で溶く

 軸吟 終章へまだ刻がある距離がある
 

初 恵
礼 子
正 子
久仁子
英 子

健 一
正 子
宅 栄

冨喜子
 
 2014.11.20(木)
席題「棘」 互選

 4点句 噂ばなしに飛んできました刺ひとつ
 4点句 真夜中の棘チクチクと攻めてくる

 5点句 半世紀夫婦の刺も丸くなり

 6点句 ふる里のせせらぎ胸の刺を抜く
  

健 一
正 子

宅 栄

宅 栄
 
2014.10.16(木)
「ゆっくり」健一 選 
 
 佳作 ストレスをゆっくり溶かす風呂の湯気
 佳作 ゆっくりと秋の出逢いの風が吹く
 佳作 コーヒーに女ゆっくり嘘も入れ
 佳作 赤いバラゆっくり歩けば出合うかも
 佳作 大計を抱きゆっくり風を読む

 人位 ゆっくりと波紋に揺れる水の月
 地位 木漏れ日で本の鼓動を聴く遅読
 天位 苛立ちをゆっくり溶かしゆく晩鐘

 軸吟 ゆっくりと話せば風が凪いでくる 

風来坊
初 恵
初 恵
礼 子
宅 栄


宅 栄
正 子

健 一
 
 2014.10.16(木)
「曲げる」英子 選
 
 佳作 曲げること忘れ直線ばかり描く
 佳作 折れ曲がる心に杭を一つ打ち
 佳作 ねじ曲がった心に風のセレナーデ
 佳作 真実を曲げた話が風に舞う
 佳作 曲がり角未知の出逢いが待っている

 人位 チョットだけ曲げれば和解できるかも
 人位 直球を曲げて気持ちを確かめる
 天位 真実を曲げれば隙間風が吹く

 軸吟 無為の日々紆余曲折は夢の中
 

正 子
初 恵
宅 栄
礼 子
初 恵

正 子
健 一
久仁子 

英 子
2014..10.16(木)
席題「残念」
互 選 

 4点句 蒲焼はウナギをやめてアナゴです
 4点句 まさかまさか釣った魚に逃げられる

 6点句 一番にはなれず二番の酒を呑む
 6点句 残念を糧に未来へ飛躍する
 

健 一
正 子

健 一
宅 栄
 
 2014.9.18(木)
「覗く」健一 選
 
 佳作 アルバムを覗けばそこは青春譜
 佳作 人生を覗けばでこぼこ穴だらけ
 佳作 おめでとうへちらり覗いている嫉妬
 佳作 顕微鏡ミクロの世界夢無限
 佳作 傾いた生家を除く千の風

 人位 原点を覗けば風の通り道
 地位 独り居の月だけ覗く侘しさよ
 天位 覗くには罪の匂いもする日記

 軸吟 鍵穴から覗くと淡い愛がある
 

冨喜子
初 恵
英 子
清 泉
正 子

宅 栄
久仁子
正 子

健 一
 
2014.918(木)
「再起」礼子 選 
 
 佳作 再起誓う花も緑も我が名医
 佳作 想い出は再起に咲いた和と絆
 佳作 被災地の再起を誓うリアス線
 佳作 逆境に再起うながす母の笑み
 佳作 不意の乱居住まい正す男の譜

 人位 再起する男へ容赦ない吹雪
 地位 再起への汗だ明日の匂いする
 天位 野焼きした胸に再起が発芽する

 軸吟 古里に再起促す応援歌
 

正 子

英 子
冨喜子
正 子

健 一
宅 栄
宅 栄

礼 子
 
 2014.9.18(木)
席題「雨上がり」
互選

 3点句 庭先の雨後の雑草色添えて

 4点句 それぞれの愚痴聞き飽いて雨上がる
 4点句 相合傘から離れたくない雨上がり

 5点句 雨上がりゆかたが似合う宿の下駄
 5点句 雨上がり老いの背を押す青い空
 5点句 虹が出る明日を信じた雨上がり
 

冨喜子

正 子
宅 栄

健 一
礼 子
健 一
 
 2014.8.21(木)
「飛ぶ」健一 選

 佳作 飛びましょうまだ羽もある夢もある
 佳作 蛍飛ぶ亡母が戻って来たように
 佳作 独り身だ飛んでみようか紅つけて
 佳作 プライドも欲も捨てたら飛べるかも
 佳作 千羽鶴燃えつき広い空に舞う

 人位 竹とんぼ月へ飛ぶ夢持ち続け
 地位 一気飛び羽化した蝶の世は広い
 天位 飛ぶよりもじわり牛歩の土踏まず

 軸吟 母さんの歩幅で飛べた水溜り
 
 
英 子
風来坊
久仁子
正 子
壽 子

壽 子
正 子
宅 栄

健 一
 2014.8.21(木)
「手のひら」宅栄 選

 佳作 手のひらに包み込みたい未来像
 佳作 手のひらの薬数えて知る加齢
 佳作 てのひらの上にも慣れて踊る夫
 佳作 手のひらで隠せる程の嘘にする
 佳作 おにぎりが不揃いになり母老いる

 人位 愛包む手のひらサイズの握り飯
 地位 手のひらは人に見せない裏舞台
 天位 手のひらに太陽受けてのびる夢

 軸吟 手のひらに明日への縮図描いてある
 

壽 子
文巳枝
礼 子
久仁子
英 子

正 子
壽 子
健 一

宅 栄
 
 2014.8.21(木)
席題「足音」 
互選

 4点句 足音が止まり心が落ちつかぬ
 4点句 足音は立てぬアヒルの水面下
 4点句 虹色の足音になるマタニティ
 4点句 足音がトンネル出てから乱れだす

 7点句 夢持てば老いの足音軽くなる

 8点句 足音で機嫌を測る母の感
  

健 一
宅 栄
宅 栄
健 一

英 子

正 子
 
 2014.7.17(木)
「余白」健一 選
 
 佳作 日記帳余白の多いミステリー
 佳作 一徹な歩幅で余白埋めてみる
 佳作 追伸と余白に書いた愚痴一つ
 佳作 ひとめ惚れおんな余白を朱に染める
 佳作 遠ざかる夢が余白の中に浮く

 人位 自負の道空けてあなたを待つ余白
 地位 行間へ架かる未完の虹の橋
 天位 終に向け余白を泳ぐちぎれ雲

 軸吟 余白にはもしもの時の命綱
 

久仁子
冨喜子

英 子
文己枝

正 子
宅 栄
初 恵

健 一
 
2014.7.17(木)
「カレンダー」敏 選 

 佳作 カレンダー表紙が誘う旅ごころ
 佳作 旧暦にどっぷり古里あたたかい
 佳作 日めくりへ感謝と無事の手を伸ばす
 佳作 カレンダーに追い詰められている作句
 佳作 カレンダー病院マーク老い二人 

 人位 うろうろと弥陀の宿りも待つ暦
 地位 カレンダー開いて未知の日々夢む
 天位 過去脱いだカレンダーから風の彩

 軸吟 日捲りにあやかりたいよ太鼓腹
 

初 恵
清 泉
正 子
健 一
初 恵

正 子
冨喜子
宅 栄


 
 2017.7.17(木)
席題「夜空」
互選
 
 4点句 にっこりと夜空ほほえむ丸い月
 4点句 心配ない夜空に星がある限り
 4点句 遠花火そっと二人の手をつなぐ
 4点句 夜空から何億万個のミステリー

 5点句 今日も無事夜空彩る遠花火
 5点句 星明り夜空がロマン連れてくる 

健 一
正 子
宅 栄
久仁子

正 子
久仁子
 
 2014.6.19(木)
「休肝日」健一 選

 佳作 休肝日子とパパ色の湯が溢れ 
 佳作 晩酌にレッドカードを妻が出し 
 佳作 休肝日に悪友一本提げて来る     
 佳作 シナリオをちょっと外して休肝日     
 佳作 休肝日増えて豊かな余命表       

 人位 休肝日猪口もかんしも忍び泣く
 地位 マルバツに管理されてる休肝日
 天位 飲み友の訃報今宵は休肝日

 軸吟 休肝日まだ残っている二日酔い
 

 宅 栄

正 子
冨喜子
宅 栄

壽 子
英 子
正 子

健 一
2014.6.19(木)
「隣」健一 選 

 佳作 逢引きに隣の垣根いい死角 
 佳作 五月晴れ隣の花の私語を聞く 
 佳作 蝶々も行ったり来たり両隣 
 佳作 私より隣の犬は衣装持ち
 佳作 隣同士差しつ差されつ屋台の灯

 人位 隣から欠伸を乗せて春の風
 地位 お隣も蛇口全開朝の詩
 天位 隣には腹は見せずに泳ぐ鯉

 軸吟 お隣に美女が来てから波風が
  

久仁子
壽 子
宅 栄
冨喜子
英 子 


宅 栄
正 子

健 一